エクセル 削除を簡単に解決!


  エクセルのセル、文字、文字列、シート、マクロが簡単に削除できます。

     1.重複行を削除したい!
      2.「改行文字」を削除したい!

      削除で  ”イライラ”  したことがありませんか?


 「削除の裏技があります!」
エクセルを効果的に活用するには、「入力」と同様に「削除」をマスターすること、と言われています。
数万行に入力された、特定の「文字列」、「改行文字」などを一つひとつ消す方法は、効率的ではありません。

簡単な方法で、重複行、改行コード、文字列、行・列、特定のワークシートなどを消すことができれば、作業の能率がアップします。
その結果、スムーズにEXCELが使用でき、ハッピーになります。

  エクセルが良きパートナーになるに違いありません!

※ 詳細は、サイドメニューより「記事」のタイトルを選択し、参照願います。
   ※ 説明の内容は、エクセルのヘルプより「ポイント」を引用しました。

 1.主なエクセルの削除
(1)セルの内容を消すことができます。
  1)セルのすべて
  2)数式
  3)値
  4)コメント
  5)入力規則
  6)罫線
  7)列幅の設定変更
(2)セルの特定の文字列・文字
  1)文字列の左右、左、右の空白は、それぞれTrim、VBAのLtrim、Rtrim関数により消すことができます。
    また、全ての空白を消すにはVBAのReplace関数が使用できます。
  2)「改行」コード vbLFは、「置換」により「空白」と置き換えることができます。
  3)その他、特定の文字は、SUBSTITUE関数、Replace関数や「置換」などにより、「空白」と置き換えます。
(3)重複した行・列
  1)セルの値が重複する行は、「並べ替え」の後、マクロで簡単に消去できます。
  2)「空白」行は、マクロを使用し、簡単に消すことができます。
(4)ワークシート
  1)特定の「名前」のワークシートを消すことができます。
  2)ワークシートは、左から順番に1,2,3・・・とインデックス番号が割り振られ、VBAで特定することができ、番号を指定し、消すことができます。
    例えば、Worksheets(1).Deleteは、最も左のワークシートを削り取ります。
(5)マクロ
  1)マクロをマクロで消すことができます。
  2)VBE(Visual Basic Editor)を使用し、「マクロの解放」により消すことができます。
  3)ワークシートのPrivateマクロは、同様にVBEの画面でMicrosoft Excel Objectの各シートをクリックし、消すことができます。

2. 消したEXCELファイルを「復元」・「復活」する方法は、あるのでしょうか?
(1)Microsoft Windows 7、Vista は、ファイルのバージョン管理によりファイルを「復元」できるようになりました。
(2)専用の「復元」ソフトにより「復元」出来る場合があります。

※ 詳細は、サイドメニューより「記事」のタイトルを選択し、参照願います。

excelの削除をマスターしましょう。


エクセル 削除 簡単・解決! Homeへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。